Page Top

SPFとPAの意味。 | 美容室 Snip(スニップ) | 大阪、都島区、城東区、北区、中崎町、だいどう豊里、南巽、西区に10店舗を展開する美容室です。

2015年3月31日

SPFとPAの意味。

こんばんは(^ω^)

ケアリストの徳田です!!!



今日は、日焼け止めを選ぶときに
みなさんが必ず見るところ、、、

SPFPAについて。


お話したいと思いますо(ж>▽<)y ☆




この2つ、どういう効果の表記なのか、あまりはっきりと分かってない方も、いらっしゃるのでは
ないでしょうか(  ゚ ▽ ゚ 😉


私も専門学校で勉強するまで知らなくて、
とにかく強いものがいい!と思って、
SPF50のものばかり選んでました。


ノンノン!

そんなことございません!



★SPFとは…
UVB波を防ぐ効果を表す指標です。
数字は強さではなく、持続時間を表しています。

簡単に言うと、すっぴんの肌で紫外線を浴びたときの影響(ヒリヒリと赤くなる)が出るまでの時間を、何倍に引き延ばせるか…という意味です!


SPF1で約20分の効果があります(^ν^)


日常生活にはSPF30程度で良いと思います。約600分 日焼けを防ぎます!!
ですが、状況によっては塗り直しも必要になります。(汗をかいたりね)





★PAとは…

UVA波を遮断する効果を表した指標です。

+…効果がある
++…かなり効果がある
+++…非常に効果がある

となっています。



重要なのはこのPA値です。一年中雨でも曇りでも室内でも透過する紫外線A波はシミしわ乾燥の要因です。

この紫外線A波を防ぐ値がPAで、+++(防止効果が非常に高い)表示の品を選ばれたほうが良いと思います(‐^▽^‐)





どうでしょうか?

皆さんご存知でしたでしょうか(*゚ー゚*)



ぜひ、日焼け止めを選ぶときに、参考にしてみて下さいね(σ・∀・)σ



ちなみに、長い時間 日焼け止めを塗っていると乾燥したりするので、数値だけではなく保湿効果などプラスαの効果がある品が良いですよ~ヽ(*・ω・)人(・ω・*)
一覧に戻る
カテゴリー
月刊アーカイブ
最近の投稿