Page Top

日焼け止めを選ぶポイント | 美容室 Snip(スニップ) | 大阪、都島区、城東区、北区、中崎町、だいどう豊里、南巽、西区に10店舗を展開する美容室です。

2015年3月22日

日焼け止めを選ぶポイント

はいはーい(^ω^)
こんばんは!とくちゃんです!
今日は私の前回の記事で言っていた

日焼け止めを選ぶポイント晴れ

について、お話したいと思います(‐^▽^‐)
まず、一般的な日焼け止めのイメージとして、
*お肌に負担がかかりそう
*白浮きする
*乾燥する
*化粧崩れしやすい
などが、よく挙げられます!
実際、そんな風に感じたことある方も、いらっしゃるんじゃないでしょうか(^_^)
主な原因は、
1.オイル
2.アルコール
3.紫外線吸収剤
この3つでございます!!!
例えば、カシャカシャ振って使う日焼け止め
あれはオイルがたくさん入ってます>_<
油分が多いと、化粧崩れしやすく、油分は残留しやすいため酸化して、くすみに繋がります!
次に、ジェルタイプの日焼け止め
あれはアルコールがたくさん入ってます>_<
アルコールが多いと、お肌は乾燥します!
そしてそして、紫外線吸収剤とは、その名の通り 紫外線を吸収します。
ということは、どういう事かと言うと、
お肌の上で火事が起こっていることになります!
{EDA613E4-5492-4AF6-B592-EA9C08C49F02:01}
この絵を見てわかる通り、確実に紫外線散乱剤の方がお肌にいいです。はい。
つまり、
ノンオイル
ノンアルコール
紫外線吸収剤不使用
の、ものがお肌によろしいです(^ω^)
前回の記事でもゴリ押ししましたが、
日焼け止めはお肌に直接つけるもの。
ですので、とっても重要ですよ~。
なにか分からないこととか、気になることがあれば、いつでもスタッフにお尋ね下さい*\(^o^)/*
以上、日焼け止めを選ぶポイントでしたドキドキ
一覧に戻る
カテゴリー
月刊アーカイブ
最近の投稿