Page Top

【決算書と試算表その2】めちゃめちゃヤバイ美容室スニップ会長の経営コラム | 美容室 Snip(スニップ) | 美容室 Snip(スニップ) | 大阪、都島区、城東区、北区、中崎町、だいどう豊里、南巽、西区に10店舗を展開する美容室です。

緊急事態宣言におけるコロナ感染予防対策とお知らせ

2021.04.20

いつも当店にご来店いただきありがとうございます。
大阪において緊急事態宣言が再発令されようとしています
Snipでは皆様に安心して来店いただけるように
感染防止対策を強化しつつ
通常通りの営業時間でさせていただきます。

【お客様へのお願い】
・来店時(施術中)のマスク着用の徹底をお願いします。
・来店時の検温、手指消毒のご協力をお願いします。
・付き添いの方は施術中の店内待機はご遠慮ください。
又以下に該当される方は来店をご遠慮ください
・体調が優れない方、体温37.5度以上の発熱や咳の症状のある方
・過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航や当該在住者との濃厚接触がある方

ご予約、ご来店前に必ずご自身の体調をご確認し、無理せずにご連絡いただけると幸いです。
※店内に簡易マスクをご用意しておりますが、ご自身のマスクをご使用される場合は濡れたり薬剤等で汚れる可能性がありますので替えのマスクをご持参ください

【当店での感染対策】
・従業員のマスク着用の徹底
・従業員の検温、手指消毒の徹底
・お客様一人ひとりの施術ごとに席、設備の消毒徹底
・使用するセット面を1席づつ間隔を広く保つ
・店内を定期的に換気(店内空気清浄機完備)

今後の状況などをふまえて
営業時間の短縮や変更をすることがあるかもしれませんが、
その都度ご報告させていただきます。

×

重要なお知らせ緊急事態宣言におけるコロナ感染予防対策とお知らせ
2021年7月13日

【決算書と試算表その2】めちゃめちゃヤバイ美容室スニップ会長の経営コラム

企業経営において数字が大切であることは前回書きました

それでは美容室経営において

どの数字をどう見ればいいのか?

具体的な話を書いていきます

まずは売上です

今までの美容室経営は売り上げと言えば技術売上と商品売上しかありませんでした

しかしこれからは様々な売上が出てくると思います

サブスクなどの年間使用料

ネット配信などの販売

シェアサロンでは場所使用料なども出てくるでしょう

売上が多種になるという事はいいことですが

管理をしっかりしないといけないということもあります

例えばサブスクなど年間使用料を先に頂くビジネスでは

売り上げが集中しますので売り上げと経費のバランスが分かりにくくなります

ネット配信なども売る上げがある月とない月などがあって

項目を分けて管理する必要があります

次に仕入れです

美容室の仕入れは美容商材が主ですが

最近では商品販売が多くなってきているために

業務用仕入れと販売用仕入れを分けて考えた方がいいでしょう

商品販売比率の多い美容室と少ない美容室では

仕入れ原価率が変わってくるからです

業務用原価率は現場の努力にって下げる事が出来ます

無駄のない使い方や仕入れ方で全然変わってきます

販売原価率は仕入れ先との交渉ですが一定の率以上は望めないでしょう

プライベートブランドなどのPB商品で原価率を下げる事も可能ですが

ここにも慎重に考えなければいけません

一個当たりの原価が安くなったと思っても

PBの場合は売り切らなければいけません

今は少ロットで作ってくれるところもありますのでPBを作るところは増えています

仕入れ先との交渉ですがあまり無理を言って値切るのはお勧めしません

仕入れ先とも良好な信頼関係を築く事も大切です

他人の利益を奪って自分の利益にするのではなく

経営努力をしてコストを下げるのが本筋です

ここまでが売り上げと原価についてです

次回は販売管理費(販管費)について書いてみます

一覧に戻る
カテゴリー
月刊アーカイブ
最近の投稿