オシャレアレンジ

インスタグラム

Snip代表 清水幸樹はつねづね、言う。

僕が初めてお店を出したとき、
周りに子どものカットをしてくれるところがない
という声を聞いていたので、
自分がお店を出したときは
子どもも楽しめるようなお店にしたいと
家族で来ていただけるようなお店として
「カットハウス SNIP」をオープンしました。

その頃から変わっていないのが
「子どものカットも大人と同じ」という気持ち。
キッズカットといえどもデザインや似合わせは同じです。
子どもだましは通用しない。
そんな気持ちで仕事をしてきました。

インスタグラム

インスタグラム

Snipでオシャレになった君たちを、パパもママも、僕たちだって、自慢したいんです。
さあ、Snipでかわいくなった後は、どなたもお気軽にご参加ください。

キッズルーム 保育士のブログはコチラ!!

スニップ